FC2ブログ

panndacomの素朴な日記

「鬼神 - kishin - for RC Car and PC days」というサイトを開設したパンダの日記です。素朴なことを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またNASを買った「HDL-C500」

本日3つ目の記事です。

パンダです。

以前iodataのnasを購入しましたが

音楽ファイルを置くために

2台目がほしくなっていました。

DLNA対応のNASが良いのですが

結構高い・・・

そこでただのNASを買いました。

IMG_0220.jpg

e-zoa.comで買いました。

安心のヤマトで送ってきました。

それではフォトレビューです。

買ったNASは「HDL-C500」というもので

7千円ちょっとしました。

PCのみの対応でスマホからは一応アクセスできないらしいです。

まあSMB対応のアプリで中身は見られますが。

IMG_0221.jpg

梱包は新聞紙のみ

IMG_0223.jpg

早速開けます。

箱を開けると付属品がまず顔を見せます。

IMG_0224.jpg

NAS本体はこのように梱包されていました。

しっかりしていますね。

IMG_0225.jpg

本体と付属品です。あと説明書が入っていました。

早速セッティングしてみました。

ipアドレスなどほぼ自動で設定してくれますね。

まあipアドレスは固定した方が楽なのですが・・・

IMG_0227.jpg

本体のLEDライトは結構明るいかもしれません。

夜中だと気になるかもですね。

・気になった

iPhoneからはSMB対応アプリで「HDL-C500」にアクセスできましたが

android(htc)からはSMB対応のアプリを使っても「HDL-C500」に

アクセスできませんでした。設定を見直してみる必要がありますね・・・


・以前買った「HDL-CE」の違い

今回買った「HDL-C500」は基本的なNAS

の機能しかありません。

「HDL-CE」はスマホからのアクセスもできます。

しかしどちらともDLNAには対応していません

対応させるにはPCが必要です。


「HDL-CE」はビープ音で状態を知らせてくれます。

電源を入れてから

NASのアクセス準備が終わるとビープ音がします。

しかし「HDL-C」はビープ音が無く

電源を入れてもアクセス準備ができたかがわかりません。

アクセス準備は割と早くできる方だと思いますが

音で知らせてくれる方がわかりやすいな~と思いました。


ちなみに「HDL-C」は中身のHDDを取り替えることができます。

取り替えてからLANから初期化が必要ですが。

「HDL-CE」は中身のHDDは取り替えできません。

分解してHDDを取り替えても途中で電源が切れてしまいます。

なのでHDDが壊れたら同時にNASも使えなくなるという

共倒れの可能性があります。保証使えば良いと思いますが。


「HDL-CE」の方がまだ新しいのでそちらをおすすめします。

「HDL-C」は基本的な機能しかありませんが

中身のHDDを取り替えたりして長く使いたい人にはおすすめです。

まあ通販限定の「RockDisk」なんて製品もありますが・・・

それでは今日はこれまでです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://panndacom.blog.fc2.com/tb.php/139-ec05cae3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。